コーヒーのキッチンカー「connex coffee」のブログ
PR

おしゃれな蓋付きタンブラー「STTOKE(ストーク)」

オリジナルsttoke

ドリンクのテイクアウト時やオフィスで飲み物を飲む時にマイタンブラーを使用する機会が増えてきましたね。

使い捨てのカップゴミが減らせるエコ活動にもなりますし、デザイン性・機能性が高いタンブラーも多く、マイタンブラーに飲み物を入れて持ち運ぶメリットは大いにあります。

タンブラーは各社から多種多様に展開されているので、どれが自分に合っているのか見つけ出すのも一苦労。

これだ!と、ビビッとくるものにすぐ出会えたらベストですが。

そんな中でも、今回ご紹介するタンブラーはおしゃれで機能性が高いので、タンブラーの購入でお悩みの方におすすめ。

他の商品を選ぶ上でも参考になると思うので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

Sponsored Links

sttokeについて

sttokeはオーストラリアで生まれたタンブラー。

オーストラリアはコーヒーカルチャーのメッカと言われるほどであり、創業者もコーヒーを愛する一人で、

  • 使い捨てカップの削減
  • 飲み物の美味しさを台無しにしない
  • シティライフに溶け込む

といった要件を満たすリユーザブルカップを造ることを決意したそうです。

そして、sttokeとは「わくわくさせる」という意味のstokeに由来

これらを知って、僕はビビッときました。

最初はtrinity zeroというコーヒードリッパーの存在を知って、sttokeもセットで購入できるということもあったので、興味津々でほぼ即決。

セット内容は、sttokeのタンブラーに加えてステンレスストロー・スプーンとステンレスストロー掃除用のブラシが付いてきました。

sttokeのセット内容

sttokeのスプーンとストロー

※sttoke単体の場合はタンブラーのみ。2023年時点でこちらのセット販売は終了しているようです。

sttokeのおすすめポイント

数あるタンブラーの中、sttokeを選ぶ上で特に決め手になったポイントをいくつかご紹介していきます。

sttokeのこだわりを知ったら、他の商品に目移りできなくなるくらいこのタンブラーがお気に入りになりました。

セラミックコーティング

飲み物を美味しい状態で楽しみ続けるには、液体に触れている部分の素材がかなり重要になります。

  • プラスチック:扱いやすいが、長年使っていると汚れ・黒ずみが取れなくなる
  • シリコン:素材が匂いを吸着してしまう
  • ステンレス:金属臭が伝わってしまう

しかし、sttokeのカップの内側に施されているセラミックコーティングなら、そういった悩みから解放されます。

sttoke

しばらく使っていますが、汚れはスッと落ちるし匂いもほとんど残らないため、コーヒーやその他ドリンク本来の味わいを損ねることはありません。

このセラミックコーティングは特におすすめポイント。

保温・保冷性

保温・保冷性は近年ではタンブラーの機能としてはほとんどが標準装備。

sttokeも同じく、ステンレスの二重断熱構造でしっかり断熱するため、高い保温・保冷効果を発揮します。

公式サイトでは保冷6時間・保温3時間、使用環境によって左右されるとありますが、これだけの時間で温度をキープできるなら十分かと思います。

飲み干しちゃいますからね。

完全止水の蓋

タンブラーを持ち運ぶ時に、内容物がこぼれてしまわないか心配になることはありませんか?

sttokeの完全止水の蓋ならその悩みから解消されます。

sttokeの完全止水の蓋

公式ページには、sttokeにメントスとコーラを入れてタンブラーを振る動画が載っているのですが、見事にこぼれません。

しっかり蓋をしていれば、「あっ!」と思った時も安心。

また、フタに使用されているプラスチックは人体や環境に影響をきたす化学物質を使用していないため、安全性も考慮された造りになっています。

※完全止水の蓋はL・Gサイズに対応。

デザイン

sttokeのおしゃれポイントは、なんと言ってもgood design賞を受賞していること。

名誉ある賞に選ばれるほど洗練されたデザイン、実際に他ではあまり見かけない形なので目をひきます。

オリジナルsttoke

  • Lサイズ:高さ14.4cm×幅6cm×口径8cm、重さ222g

そしてちょっとしたカスタマイズも可能。

タンブラーに刻印することが出来るので、他の人と被りたくない、自分だけのオリジナルタンブラーが欲しい、という方におすすめ。

ゴム製の底

何気にありがたい機能が、タンブラーの底にゴム製のパーツがはめ込んであること。

sttokeの底

固い素材のタンブラーをテーブルなどに置く時はガンッ!とかゴンッ!といった音が出てしまいがちになるのですが、ゴムが衝撃を吸収してくれるので静かで滑りにくいです。

マイカラードネーション

そして、これから先も課題となり続けるであろう、未来の環境も見据えた活動がマイカラードネーション。

これは、sttokeの色ごとに設けられたテーマに基づき寄付活動をするというもの。

  • エンジェルホワイト:動物を守ろう
  • リュクスブラック:自然を守ろう
  • マグネティックブルー:海を守ろう
  • スマートグレー:フードロスをなくそう
  • コーラルサンセット:ピンクリボン運動
  • アイボリーチャイ:LGBT差別をなくそう

といった内容で、タンブラーを購入したらその売り上げの一部を寄付することで活動資金に充てられるという仕組み。

単純に、好きな色を選んで購入することが寄付活動にもなりますし、寄付活動のテーマに基づいた色を購入してみるのも良いですね。

まとめ

オーストラリア生まれのサステナブルなタンブラー「sttoke」はいかがでしたか?

大量生産・大量消費のこの時代では、ただ良い商品を作るだけではなく何かしらの付加価値がないと選ばれるのが難しくなってきました。

そんな中でも、sttokeは選ばれるに値するタンブラーだと思います。

マイタンブラーを携帯してサステナブルに、そしておしゃれに日常を過ごしてみませんか?

タイトルとURLをコピーしました