コーヒーのキッチンカー「connex coffee」のブログ
PR

ラテアートに最適なフォームミルク

ラテアートが描かれたカフェラテは、見ても飲んでも楽しめるコーヒーです。

きれいなラテアートは、ミルクとエスプレッソが良い状態であることも意味しています。

ミルクはとてもシルキーでつやがあり、甘みを引き出している温度。そしてエスプレッソはしっかりしたクレマが浮かび、うまみとコクが上手に引き出されています。

エスプレッソを良い状態で抽出することももちろん重要なのですが、ミルクの良し悪しがラテアートのクオリティに大きく左右するので、今回は最適なミルクの状態について考えてみましょう。

Sponsored Links

良いフォームミルクのポイント

ラテアートの上達のためには、良い状態のミルク作りがかなり重要。

エスプレッソマシンのスチームノズルを使ってミルクの泡を作り、液体とよく混ぜ合わせたシルキーなフォームミルク(泡を含んだミルク)が必要なのですが、このスチーミングと呼ばれる工程がとても難しいです。

ラテアートをキレイに描くためにはミルクの泡をきめ細かくし、程よい泡の量にしなければいけません。

最近では、エスプレッソマシンがなくても手軽にフォームミルクを作れる器具もあるので、ラテアート練習中の方はこちらの記事も参考にしてみてください。

泡の質

ミルクの泡をきめ細かくシルキーな状態にするには、スチーミングのときにミルクをしっかり攪拌させ、大きな泡をつぶしながら液体とよく混ぜ合わせます。

大きな泡が残っていると口当たりが悪く、ぼそぼそした感じになってしまうため、スチーミングの後半で泡を作らないように注意しましょう。

スチームノズルによってスチームポイントは異なりますが、スチームの勢いを活かせるようにピッチャーの内側の壁に近すぎず、全体がしっかり撹拌できるポイントを探しましょう。

水で練習するのもおすすめです。

泡の量

ラテアートを描く時の泡の量は感覚的な部分が大きいです。

少なすぎればふにゃふにゃのアートになり、最悪の場合泡が浮いてきません。多すぎれば、カプチーノのようなしっかりとしたフォームミルクになり、太いアートになります。

目安としては、ミルクピッチャーを近づけていったときにフォームミルクがスムーズに流れていくくらい。

ラテアートのミルクが流れる様子

繊細なアートを描くときは、絶妙な泡の量を体で覚えましょう。

使うエスプレッソやカップによって描き心地がかなり変わるので、環境によってちょうどいい具合を見極める必要があります。

温度

ミルクの適温は約60℃前後。

口に含んだ時にぬるく感じるかもしれませんが、逆に「熱っ!!」と感じたらミルクの温度が高い可能性があります。

ミルクの温度が高くなってくると、タンパク質が固まるためミルクがうまく流れてくれません。

そのため、ミルクの泡の量を早い段階で決めて、熱くなるまで撹拌させる時間を長くとる必要があります。

まとめ

良い状態のフォームミルクが作れたら、ラテアートがすごく描きやすくなります。

ミルクがスーッと流れていって、それでもフォームミルクの線は崩れずに気持ちよく描くことが出来ます。

ラテアートを始めたばかりで上手くいかなくて悩んでいる方は、ミルクの泡の質・量・温度を見直してみましょう。

それでも、ベストな状態のミルクにならなかった場合は、予定していたアートや注ぎ方を少し変えてアドリブをきかせることもできます。

長野でもラテアートがもっと日常的なものになって、コーヒーを楽しめる機会が増えたら嬉しいな、と思いながら体験会などを続けていきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました