ラテアートに最適なミルクの状態とは?

ラテアートは見ても、飲んでも楽しめるカフェラテです。というのもカフェラテでラテアートをするのが一般的だからです。

キレイなラテアートは、ミルクとエスプレッソが良い状態であることも意味しています。ミルクはとてもシルキーでつやがあり、甘みを引き出している温度。エスプレッソはしっかりしたクレマが浮かび、うまみとコクが上手に引き出されているということです。

今回はラテアートに最適なミルクの状態について考えてみましょう。

 

ミルクの良し悪しが見た目、味を左右する!

ミルクを温める時は、エスプレッソマシンのスチームを使うわけですが、このスチーミングがとても難しいです。ラテアートをキレイに描くためにミルクの泡をきめ細かくし、程よい泡の量にしなければいけません。

 

ミルクの泡をきめ細かくするには、スチーミングするときにミルクをしっかり対流させ、大きな泡をつぶしながら液体とよく混ぜ合わせていきます。対流させる時間が長ければ長いほどよく混ざります。大きな泡が残っていると口当たりが悪く、ぼそぼそした感じになってしまいます。

泡の量は正直、感覚的な部分が大きいです。少なすぎればふにゃふにゃのアートになってしまいますし、多すぎればぼてっとした太いアートになってしまいます。使うエスプレッソによって、ちょうどいい具合を見極める必要があります。

 

そして、ミルクの温度は約60℃前後が美味しいとこちらの記事で書きましたが、

カフェラテはぬるいコーヒー?

冷蔵庫から出した時の温度からその温度になるまでに良い状態のミルクにしなければいけないので、その感覚をつかむのが大変です。ミルクの泡の量を早い段階で決めて、よく対流させることです。

 

キレイなラテアートの出来上がり

良い状態のミルクが作れたらアートがすごくやりやすいです!ミルクがスーッと流れていって、それでも形は崩れずに気持ちよく描くことが出来ます。この感覚はラテアートをやっている人なら分かるはずです。

デザインに対してクオリティを求めるのはまた別の話になってしまいますが、ここまで出来たらキレイなラテアートを描くことが出来ます。

 

最後に

僕も練習の身なので、まだ世界レベルのような立派なアートが描けるわけではないですが、ラテアートの楽しさを伝えていけたらと考えています。その時が来たら、シンプルなハートやリーフが描けるようになるためのワークショップを開催していけたらと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました