美味しいコーヒーって何?

美味しいコーヒーとはどういったコーヒーでしょうか?

酸味が強いコーヒー?
それとも苦みが強いコーヒー?

僕が思うに美味しいコーヒーは、その人に合う、美味しいと感じることが出来る
コーヒーだと考えています。

もちろん、スペシャリティコーヒーなど高品質のコーヒー豆を使用したコーヒーが
美味しくて、淹れ方によって美味しさが左右されるのことは分かっていますが。

例えば…

苦みが苦手で酸味が強いコーヒーが好きな人に、有名なバリスタさんが
苦みは強いが、厳選した豆を丁寧に淹れたとして、美味しいと言ってもらえるのか?

なんとも悩ましいところです。

美味しいと言ってもらえるかもしれませんが、苦いのはやっぱり自分には
合わないな、酸味がある方が美味しい、となるかもしれません。

 

僕はconnex coffeeという店名でコーヒーをやっているわけですが、淹れているコーヒーは「美味しい」、とは言わずに「飲みやすい」と言っています。
コーヒーは苦いから苦手、という方でも飲めるように、ということでです。

今はallpress espressoというコーヒー屋さんから、酸味と苦みのバランスがいい
ブレンドのコーヒー豆を仕入れて扱っているのですが、僕が考えている
飲みやすいコーヒーにとても近いものがあります。

というのも、僕はもともとコーヒーは苦くてブラックでは飲めず、砂糖とミルクを入れないと飲めませんでした。
しかし、ラテアートから始まって、いろいろなコーヒーを飲むようになってからは、コーヒーには様々な風味があることを知り、
その中で美味しいと感じるコーヒーに出会いました。

それは、世界的に有名なコーヒー屋さんではなく、フラっと入ったカフェの
ドミニカのコーヒーでした。
爽やかな酸味、ブルーベリーやストロベリーを思わせる風味で、感動したのを覚えています。

苦みがあり美味しいと感じるコーヒーもあると思いますが、僕の今まで飲んだ
コーヒーの中ではそのドミニカのコーヒーが一番美味しいと感じています。

 

このように、一口に美味しいコーヒーと言っても、それは人それぞれで、その人
にとって美味しいと感じることが出来るコーヒーであると僕は考えています。

たとえコンビニのコーヒーであってもスペシャリティコーヒーであっても、です。

ただ、スペシャリティコーヒーの方が風味が豊富で奥深いので、その面白さを
もっと多くの人に伝えていけたらと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました