コーヒーのキッチンカー「connex coffee」のブログ
PR

コーヒー1杯当たりの相場はいくら?

コーヒー」と言っても値段はピンからキリまであります。

安いのは数十円から高いのは何千円とかなりの差があるので、コーヒーもワインと同じような感覚かなと考えています。

今や日本では1杯当たり100円前後のコーヒーが当たり前の時代になっているので、1杯数300円前後のコーヒーは高い!という声をよく耳にしてしまいます。。

海外では300円前後は普通で、インスタントやペットボトルコーヒーよりもカフェやコーヒーショップでコーヒーを、という感覚の方が根付いてます。

日本では安い・美味い・楽なコーヒーが進化しすぎてしまった背景があるのかもしれませんね。

時代の流れ的に大量生産・大量消費から良いモノを見合った価格で、といった考えもあるので、大手ではない限りディスカウント争いが続くと最終的にいい結果は出なくなってくるかと。

では、一般的にコーヒー1杯当たりの相場はお店によってどう変わってくるのでしょうか?

Sponsored Links

コーヒー1杯の値段

冒頭でも述べましたが、コーヒーはピンキリ。

安いコーヒーには安い理由があり、高いコーヒーも同様で、好き嫌いは別にして良いモノは価格に見合っていて当然なのです。

具体的な相場について見ていきましょう。

喫茶店やカフェ

喫茶店やカフェでは1杯当たり500円前後のコーヒーは妥当ですね。

カフェ

安いコーヒーで、大手チェーンなどの大量抽出のコーヒーは350円前後から。

低価格の個人のコーヒーショップも同等で、こだわりのあるコーヒーショップで高くて1,000円くらい。

稀に何千円というコーヒーもありますが、希少価値があるコーヒー豆(コピ・ルアクなど)を使用しているか、コーヒーのみの価値ではなく何らかの付加価値(出店地域など)があっての値段、のどちらかになります。

コーヒーは原価が安いからいいよね、という話を聞きますが、そんなことはなくて、たいていは妥当な値段設定をしているはずです。

なのでここは声を大にして言いたいところなのですが、1杯300~500円のコーヒーは値段を盛っているわけではなく、それだけの品質であるということです。

知る人ぞ知る高級ワインが1,000円だったら、怪しいな。。と思いませんか?

コンビニ・ペットボトル

1杯150円前後が一般的ですね。

コンビニ

とある記事で読んだことがあるのですが、コンビニコーヒーはついで買いをしてもらうことも考慮しての値段設定をしているので、コーヒー自体の利益は重要視していないとか?

なので原価率は高め(例えば90円のものを100円で販売)に設定しているそうです。本当かどうかは分かりませんが。。

コンビニコーヒーやペットボトルは有名バリスタさんなどとコラボしたり、有名コーヒーショップから商品が出ていたりするので、比較的お手軽に美味しいコーヒーを楽しめるのではないかと。

市場に出回っている価格帯は圧倒的にこちらの方が多いので、コーヒー=安い、という構図が出来ているのかもしれません。

1缶100円前後でとても安く購入できます。

缶コーヒー

缶コーヒーはローグレードのコーヒー豆をネガティブな面を感じにくくするために深く焙煎されているそうです。

それを考慮すると缶コーヒーが苦いというのは納得できますね。

コーヒー関連の調査によると、消費量的には缶よりもペットボトルの方が多くなってきているようです。

ちなみに、コーヒーの焙煎が深くなればなるほどカフェインは少しずづ昇華されていくので、カフェイン摂取のために缶コーヒーというのは…。

高価≠美味しい

コーヒーの相場はある程度イメージ出来たかと思いますが、「高価≠美味しい」のがまた難しいところ。

普段コーヒーショップで飲み慣れている方は缶コーヒーは飲まないこともありますし、缶コーヒーで慣れている方は缶コーヒーで十分、ということもあります。

また、コーヒー豆自体がどれだけ高価でも、生産過程からコーヒーになるまでの工程で味がかなり左右されるので、必ず良いコーヒーになるとは限りません。

コーヒー本来の良さを引き出せなければ、最悪の場合は美味しくないコーヒーに成り下がる可能性もあるということ。

しかし、高品質なコーヒー豆をきちんと抽出したとして、酸味が苦手な人にフルーティなコーヒーを美味しいと感じてもらえるか?というのも悩ましいところです。

逆に安いコーヒーでもそれが美味しいと感じる方もいます。

こんなことを言ってしまったら元も子もありませんが、品質・価格の議論をしても、結局のところ美味しいと感じるかどうかはその人の好みということです。

最後に

コーヒー1杯当たりの値段はお店によって様々です。

固定概念を外していろいろなコーヒーを飲んでみて、自身が美味しいと思えるコーヒーを探してみると新たな発見があるかもしれません。

僕はもともとコーヒーは苦くて嫌いでしたが、今は浅煎りも深煎りも良いコーヒーは好きになりました。

お気に入りの1杯を見つけるのは簡単ではありませんが、あまり値段にとらわれずにコーヒーを楽しんでもらえたらと思います。

タイトルとURLをコピーしました