PR

カフェラテとカフェオレの違い

カフェラテとカフェオレの違い

コーヒーショップに入ったら何を頼みますか?

オシャレなカフェではカフェラテを筆頭に、カプチーノやカフェモカなどカフェラテをベースにしたミルク入りのコーヒーが人気がありますよね。

一方で、喫茶店などはカフェオレのイメージが大きいかと思います。

カフェラテとカフェオレは同じコーヒードリンクじゃないの?と混同されやすいのですが、実は別物。

どちらもコーヒーとミルクを使っているという点では同じなのですが、何が違うのかご存じでしょうか?

そこで今回は、意外と知られていないその違いを解説していきます。

Sponsored Links

カフェラテ

カフェラテとカフェオレはどちらもコーヒーとミルクを使うコーヒーメニューの一つではあるのですが、そのベースとなるコーヒーが違うことを理解しておきましょう。

まず、カフェラテはエスプレッソとミルクを合わせたコーヒードリンクになります。

エスプレッソ

エスプレッソの大きな特徴は高い圧力をかけて抽出し、クレマと呼ばれる泡が浮かんだコーヒーであること。極細挽きのコーヒー粉を使ってステンレスフィルターを通して40ml程度のコーヒーを抽出するので、非常に濃度の濃いコーヒーになります。

英語ではcafe latteと書き、「latte=ラテ」はイタリア語で牛乳という意味で、エスプレッソにミルクをたっぷり加えます。

ホットの場合は、牛乳の泡がカフェラテよりも多いとカプチーノ、少ないとフラットホワイトと呼ばれる、オセアニア地方特有のコーヒードリンクになります。

イタリア系などのフォーマルな雰囲気や、シアトル系などのカジュアルな感じの系統があり、カフェラテと言っても国などによってそれぞれの特徴があります。

エスプレッソはマシンを使って抽出する必要があるのでハードルが高いのですが、疑似的にエスプレッソを抽出する方法もあります。

カフェオレ

カフェオレはドリップ、フレンチプレスやサイフォンなどで淹れられたコーヒーにミルクを加えたもの。

cafe au laitと書き、フランス語で「au=に」「lait=牛乳」という意味。

カフェラテと比較するとコーヒーとミルクの割合は5:5などになるので、コーヒーが増えてミルクが減る比率になります。

ミルクのコクと味わいに負けないような深煎りのコーヒーに合わせるとバランスが良いですね。

まとめ

カフェラテとカフェオレの違いについて、お分かりいただけましたか?

コーヒーとミルクという点では同じですが、ベースとなるコーヒーと使用するミルクの量が異なるので味わいは別物ということになります。

この違いを意識しながらカフェラテやカフェオレを飲んでみると、よりコーヒーに対する理解が深まるのではないでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました