コーヒーは冷めても美味しい?

12月に入り、温かい飲み物が美味しく感じる季節になってきました。キッチンカーは外気温の影響を直に受けるため、寒い日は温かいものは冷めやすく、暑い日は冷たいものが温まりやすくなってしまいます。

温かい飲み物は温かい時に美味しく頂きたいものですが、コーヒー冷めたら美味しくなくなってしまうのでしょうか?

今回は冷めてしまったコーヒーは美味しいのか?考えてみましょう。

 

冷めたホットコーヒー

結論から言うと、美味しいホットコーヒーは冷めても美味しいです。

有名なコーヒーショップのバリスタさんも、上手に淹れられたホットコーヒーは冷めても美味しい、と言いますし僕もそれについて実感しています。

こんな言い方は失礼ですが…、上手に淹れられていないホットコーヒーは冷めてしまったら、イヤな酸味、苦み、雑味を感じやすくなってきてしまい、淹れたてとはずいぶん違った味になってしまいます。

淹れたてを飲んだ時は美味しく感じたけど、最後の方になってきたら、なんか酸っぱい、苦いなぁ、とネガティブな味わいを感じた経験はありませんか?

 

それは、コーヒーが味わいを感じやすい温度になったからです。

体温に近い温度が一番味を感じやすいと言われているため、口にするものが熱すぎたり、冷たすぎたりすると味を感じにくくなってしまいます。

コーヒーを淹れる時は80~90前後のお湯を使っているので、冷めてきたころが味わいを感じやすく、その時も美味しいと感じれたら美味しいコーヒーだったということです。

 

コーヒーは温度が少しずつ冷めていくにしたがって、味わいの感じ方も少しづつ変わってきます。冷めるにしたがって良い酸味が出てきたり、甘みやコクを感じやすくなってきたりと、コーヒーは温かい状態から冷めた状態まで、徐々に風味が変わっていくのも楽しめる飲み物なんです。

 

まとめ

一口にコーヒーと言っても、ワインなどのように様々な風味があり、温度の変化によっても楽しめます。

夏の暑い時期でもホットコーヒーを飲む方は、こういった楽しみ方をしていることもあります。

ふと入ったコーヒーショップで、コーヒーを温かい状態から冷めたときまで味わいの変化を意識してみると、そのコーヒーが美味しいのかそうでないのか、一つの基準になるので面白いと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました