PR

コーヒーに適したお湯の温度

昔はコーヒーが苦手で全く興味がなかったので、間違えてドリップ用の粉をインスタントのようにお湯で溶かそうとしてしまったことが。

しかし粉が溶けるわけもなく、それはそれは粉まみれで苦い経験をしました。

さて、インスタントは沸騰したお湯で粉を溶かしてもいいと思うのですが、ドリップしてコーヒーを淹れる時にお湯の温度を気にしたことはありますか?

実は、お湯の温度でコーヒーの味わいは劇的に変わります。

ドリップする時にお湯の温度を気にしていなかった方は、この記事を読んで、より美味しいコーヒーを楽しみましょう。

Sponsored Links

コーヒーとお湯の温度の関係

コーヒーとお湯の温度の関係を知ることは、美味しいコーヒーを淹れるための重要な要素。

下記の表のような関係性は本やネットなどでもよく見かけますね。

お湯の温度    高い  ⇔   低い
味わい    苦深  ⇔   酸味
成分量    多い  ⇔   少ない

コーヒー豆にもそれぞれ特徴があり、お湯の温度を調節してコーヒー豆の個性を活かしたり、抑えたりすることで、味わいを調整します。

抽出時のお湯の温度が2℃も変われば、味わいがかなり変わるので是非飲み比べてみてください。

また、温度を調整する時は少しづつ変えるのではなく、86℃から96℃に、96℃から90℃に、というような感じでふり幅を段々小さくしていくと効率がいいです。

とここで、お湯の温度は以下の方法で測りましょう。

  • 温度計
  • 温度計付きドリップケトル

お手軽に温度を測るなら温度計のみを購入。

ドリップケトルも合わせて検討しているなら、温度計付きドリップケトルが使いやすくて便利なのでおすすめ。

温度計を買うほどでもないな、という場合。

沸騰したお湯を2~3分ほど放置するか、別の容器にお湯を移すとだいたい90℃前後になります。

この方法は正確ではないので、味わいを安定させたいのであれば温度計を購入しましょう。

適温

コーヒーを淹れる時のお湯の適温についてですが、90℃前後と覚えておくと良いでしょう。

僕の場合、初めてのコーヒー豆で淹れる時は90℃をスタートにして86℃にしてみたり92℃にしてみたりして一番しっくりくる温度を探ります。

ドリップコーヒー

では、適温を90℃として、それより高い・低い温度について考えてみましょう。

高い温度

浅煎りのコーヒー豆や酸味を強く感じるコーヒーは、お湯の温度を高めにして抽出するとバランスが取れます。

しかし、温度を上げすぎると成分が抽出されすぎて雑味や渋みの原因になってしまいます。

なので、沸騰したお湯がコーヒーの抽出には適していないというのがお分かりいただけるかと思います。

低い温度

逆に、低い温度での抽出は深煎りのコーヒーに適しています。

温度が低いと苦味や成分の抽出を抑えれるので、苦い・後味の悪いコーヒーになりにくくなります。

ちなみに、水出しコーヒーは時間をかけてじっくり成分を抽出するので、一般的なドリップとは分けて考える必要があります。

まとめ

コーヒーを淹れる時にお湯の温度を意識していなかった方は、温度を少し変えるだけで味わいがかなり変わることに驚くと思います。

それぞれのコーヒーに適した温度を探してみましょう。

この記事を参考にコーヒーをいろいろな温度で試してみて、美味しいコーヒーを淹れることができるようになれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました