コーヒーの種類でカフェインの量が増減?

コーヒーカフェイン摂取、という感じでコーヒーを飲む方が中にはいると思います。カフェラテや一般的なブラックのコーヒーなどコーヒーメニューはいくつかあります。

その中で、カフェインの含有量が変わることはご存知ですか?今回はコーヒーの種類でカフェインの量が増減するという豆知識のお話です。

 

カフェインが少ないコーヒーメニューは?

結論から言いますと、エスプレッソ系(ラテやカプチーノなど)のコーヒーはカフェインが少なく、ドリップコーヒー系の方がカフェインが多い傾向にあります。

なんとなくのイメージで、エスプレッソは濃いコーヒーだからカフェインも多いのではないか?と思われがちですが実は逆なんです。僕もこの事実を知るまではそう思ってました。

ではなぜエスプレッソ系のコーヒーはカフェインが少ないのか?

それは、一般的にエスプレッソは深煎りのコーヒー豆を使うからです。

どういうことかというと、熱を加えれば加えるほどカフェインは減っていくそうです。なので、焙煎時間がより長い深煎りのコーヒー豆は浅煎りのコーヒー豆よりもカフェインが少ないということです。

 

浅煎りのエスプレッソ、深煎りのドリップということも中にはあると思うので、その場合はカフェインの含有量は反対になりますが。あくまで一般的な傾向にあるということです。

 

その時の気分でコーヒーを選ぼう

寝起きで頭をシャキッとさせたい、眠気を覚ましたい、というときはカフェインが多いドリップ、遅めの時間やカフェインを控えたいときはエスプレッソ系、カフェラテやカプチーノをチョイスするといいかと思います。

意外と知られていない「コーヒーによってカフェインの量が増減する」ということ。ちょっとした豆知識として頭に入ったら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました