カフェラテはぬるいコーヒー?その訳は?

みなさんはカフェラテはお好きですか?

僕は好きです。もともとコーヒーが苦手だったということもあり、昔はコーヒー牛乳感覚で飲んでいましたが、実際のところカフェラテってミルクの泡の感じと甘さとコーヒーのバランスが良くて美味しいですよね。

そんなカフェラテですが、コーヒー屋さんによって熱さが違うと思いませんか?

アツアツのカフェラテがあったり、ぬるいカフェラテがあったり。今回はその辺りの理由を考えてみましょう。

カフェラテはぬるいほうが美味しい!!

結論から言いますと、カフェラテはぬるいほうが美味しいです。

一番の理由はミルクにあります。

ミルクの温度は60~63℃前後が甘みを感じやすく、それより熱くしてしまうとたんぱく質が固まってきてしまって口当たりが悪くなり、ミルク臭さが出てきてしまいます。

ミルクをレンジでアツアツにしたことはありませんか?その時の匂いです。良い匂いとは言えませんよね。(好きな人もいるかもしれませんが。。。)

90℃前後で抽出されたエスプレッソに60~63℃前後のミルクを加えたら、ぬるく感じてしまうのも仕方のないことです。

カフェラテがぬるいのは美味しい状態で提供しようとしている証拠です。(冷めてしまったのは別です。)

ドリップコーヒーなどは90℃前後のコーヒーがそのまま提供されるわけですから。

美味しいカフェラテを飲むために

チェーン店などではレシピがあると思うので、アツアツの状態で出てくることもあると思いますが、それはそれで仕方ないと思います。ミルクの温度を調節できないかもしれませんし。

やはり美味しいカフェラテを飲むなら、そういった知識があるコーヒー屋さんがおすすめです。ミルクの温度もそうですし、エスプレッソとミルクのバランスも考えられてますからね。

最後に

日本人のお茶を飲む文化からか、温かい飲み物=アツアツの飲み物、という考えもあるかもしれませんが、美味しいカフェラテはぬるい飲み物という認識でいてもらえたら幸いです。以前に、熱くないじゃない!と言われてしまったことがあるもので。。。

 

楽しいコーヒーライフを過ごせればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました