カフェラテとカフェオレは別物?意外と知られていない違い

コーヒー屋さんに入ったら何を飲みますか?

大手のコーヒーチェーン店ではカフェラテ、もしくはカフェラテをベースにしたコーヒーが人気かなと思います。喫茶店などはカフェオレの方が多い気がします。

こういうお店だからこういうメニュー!

とは一概には言えませんが。

では、カフェラテとカフェオレの違いは何か分かりますか?どちらもコーヒーとミルクを使っているという点では同じ飲み物です。意外と知られていない違いをみてみましょう!

ベースとなるコーヒーが違う

どちらもコーヒーとミルクを使うと書きましたが、そのベースとなるコーヒーの違いがカフェラテとカフェオレの違いです。

  • カフェラテ

エスプレッソとミルク。ラテはイタリア語で牛乳という意味で、イタリアではエスプレッソの文化が強くイタリアンバールというバルがあります。イタリア系などのフォーマルな雰囲気や、シアトル系などのカジュアルな感じの系統があり、カフェラテと言っても国などによってそれぞれの特徴があります。知る人ぞ知るスターバックスさんはシアトル系で人気がありますね。

  • カフェオレ

エスプレッソ以外のコーヒーとミルク。オレはフランス語で牛乳という意味。エスプレッソ以外のコーヒーとはドリップ、フレンチプレス、サイフォンなど、一般的に「コーヒー」と言われているコーヒーです。こちらはインスタントコーヒーを使えばご自宅でも簡単に作れます。

どちらが好み?

個人的な意見になってしまいますが、カフェラテはおしゃれ、カフェオレは懐かしい感じがします。カフェラテはラテアートも出来たりと、見た目も楽しめますね。ベースのコーヒーが違うので味ももちろん違うわけで、時と場合によって飲み変えるのもいいですね。

 

楽しいコーヒーライフが送れますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました