スペシャリティーコーヒーを長野県内に届けます

コーヒーと一言で言ってもその風味、種類、値段は様々です。

酸味が強い、苦みが強い、どこで栽培されたもの

か、どのくらいの焙煎か、1杯100円か、1000円以上するのか。

そんな中、大まかに「コーヒー」はコマーシャルコーヒーとスペシャリティコーヒーに分けられます。

コマーシャルコーヒーは一般的に世の中に多く出回っているレギュラーコーヒー、スペシャリティコーヒーはピラミッドでいうと頂点に位置する高品質なコーヒー。

東京ではサードウェーブというコーヒーの波に乗り、スペシャリティコーヒーが浸透してきているのですが、長野はまだこれからな気がします。

 

スペシャリティコーヒーを長野県内で広めたい

僕は今「connex coffee」という店名で長野でコーヒーの移動販売をしているわけですが、実はもともとコーヒーは好きではありませんでした。コーヒーは苦い飲み物、というイメージが強くて砂糖とミルクをたくさん入れないと飲めなかったのですが、ラテアートを知ってからはコーヒーに興味をもつようになり、飲めるようになりました。

最初はラテアート巡りでコーヒーを飲んでいたのですが、少しずつブラックを飲むようになり、気づけばコーヒーの美味しさを知るようになっていました。

スペシャリティコーヒーの中には苦いものもありますが、それはイヤな苦さではなく、ビターチョコレートと表現されたりする、豆がもともと持っている「風味」のひとつとして飲むことが出来ます。逆に酸味を感じられるコーヒーもあり、こちらはフルーツのような爽やかな風味を楽しめます。

 

僕のように「コーヒー=苦い」というイメージをスペシャリティコーヒーは変えてくれます。このことを長野県内で広めていきたいと考えています。

 

移動販売だからできること

固定店舗を持つと、そこから移動することはなかなかできません。その点、移動販売なら長野県内ならどこへでも行くことが出来ます。(山奥は車が登れない可能性が…。)

市内はもちろん、コーヒー屋さんがない地域にもスペシャリティコーヒーを届けに行くことができるので、お声がかかれば可能な範囲でconnex coffee号を走らせます。

 

始めにも書きましたが、スペシャリティコーヒーは高品質なため安いものではありません。

しかし、それだけの価値があり、美味しいということです。それを長野県内で少しずつでも広めていけるように活動していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました